• HOME 
  • > データ・リカバリー
  • データ・リカバリー

    データ・リカバリー

     

    各種原因によってデータが損害を受けた場合、メディア上に残存しているデータを再び回復するサービスです。データを誤って削除してしまった、ハードディスクが損壊、故障してしまった場合でも、磁性体が深刻に損壊されていなければ、データを回復することは容易にできます。

    ハードディスクでは、ハードウエア自体の破損により、アクセスすることができない、或いは電源が入らない等の事象が発生しても、その故障を分析・修理し、データを回復することができます。
     

    また、フォーマットあるいは誤削除により、パソコンからデータの認識ができなくなった時点では、大部分のデータは分散化された状態で依然としてメディア内に存在しています。その分散データを当社のデータ・リカバリー技術による再集積・再構築化を実施する ことで、データを復旧し再び読み出すことが可能となります。
    磁性体の深刻ダメージによる物理破損、あるいはメディア(磁性体)全領域への他のデータの上書きを行った場合には、データは回復することができません。

    データーリカバリーイメージ
     
    ご相談はこちらまで メールはこちらまで
    ↑ページTOPへ戻る
     
    (1)データ復旧は1回だけのチャンスです!!
     
    パソコンの記憶装置(ハードディスクドライブ、フラッシュドライブ)など、さまざまなデータ保存メディアには、ファイルの誤削除、人的な操作ミスや誤フォーマット、コンピュータウィルスの感染、アプリケーションクラッシュ、データアクセス不良、ドライブなど記憶メディアの物理的な損傷、または火事、洪水、地震、落雷等の自然災害による障害で、データが消失する危険性があります。
     

    特にハードディスクドライブは、機械的な精密部品を多く使用しているため、使用環境や利用年数による物理故障が発生し易く、大事なデータを救えない可能性があります。

    特に物理故障のメディアに対し、一度復旧に失敗してしまうと、二度とそのデータを修復できない恐れがあります。大事なデータを救出したいなら、信頼出来る専門業者にご相談ください。

    データーリカバリーイメージ
     
    (2)初期診断について
     

    お問合せいただき、簡単な手続きの後、読み出せなくなったメディアを送付していただければ、速やかにデータ復旧の初期診断を行い、診断結果をご報告いたします。初期診断に伴う費用は、一切いただきません。(但し、メディアの分解/組立費用、送料は別とします。)

     データリカバリサービス初期診断完了の報告内容:
     *初期診断報告書
     *修復・回収可能なデータリスト
     *データー・リカバリー見積書

    お客様は当社からの診断結果をもとに、データ復旧を行うか否かを決定していただくだけです。

    お申し込みはこちらまで


    データ・リカバリー作業により修復、復旧したお客様のデータは、通常DVD-ROMまたはCD-ROMに収容し、お客様ご指定の場所に返送いたします。

    なお、返送メディアは追加費用をお支払い頂くことで、お客様ご希望のメディアに変更が可能です。


    (3)秘密保持について

     
    お客様の故障媒体と復旧データは「秘密保持システム」の基で、故障媒体の受付から復旧データの返送までの間厳重に管理されます。各個データ復旧サービス依頼案件に対して、以下の内容を厳格に実行しております。
     
         
     
    * 秘密保持契約書を締結いたします。
    * データ・リカバリー・ラボへの技術者以外の従業員は立入禁止となっております。
    * それぞれのデータ修復サービスケースに対して、専任のエンジニアが責任を持って最後まで担当し、その他のスタッフは一切介入いたしません。
    * データ・リカバリーが完了したお客様の復旧領域は責任持ってすべてデータを消去致します。
    * データ復旧依頼のお客様の名前、事業者名は一切公表いたしません。
     
         
     
      デジタル写真データ・リカバリーについてはこちらをご覧ください。
      壊れてしまったパソコン・メディアから、大切な写真データを修復いたします。
    まずはご相談ください。